塾をサボる原因と対策について考えてみた【中学生塾代.net】

塾をサボる原因と対策

ベットでうなだれる少女
キチンと塾に通って成績もアップしてほしい、ほとんどの親御さんはそう思っているハズです。

 

でも、内緒で塾を子供がサボっていたら、親としてはショックを受けますよね。

 

毎月の塾代もバカになりませんし。

 

1度ならまだしも、サボりが何回も続くと「どうしたらいいのだろう」と考え込んでしまう方もいることでしょう。

 

今回は、塾をサボる原因と対策について考えてゆきます。

 

やる気がないなら辞めさせる

いきなり過激な事を言いますが、要は「本人のやる気次第」です。

 

やる気もないのに、親の言われるままに塾に行くことが子供のためになるか?と考えると、そうではないと思います。

 

馬を水辺に連れて行くことはできるが、無理やり水を飲ませることはできない、という話と同じです。

 

きっぱりと塾をやめてしましましょう。

 

とはいえ子供の将来を考えると

 

塾をやめて「じゃあどうするの」ということになります。

 

ただ遊びたいだけ、という理由であれば、自宅で学習することもないでしょう。当然学校の成績もドンドン下がってゆくことは明らかです。

 

そのまま中学3年生になると、高校受験で行ける高校が限られている、ということになります。

 

親としては、放置できない状態ですよね。

 

学校の成績やどこの高校に行くか、が人生のすべてだとは思いませんが、子供に頑張る喜びや勉強の楽しさは会得して起きてほしいと思います。

 

塾をサボる理由をよくよく聞いてみる

 

ただ単に「なんで塾をサボるの!」「ちゃんと塾に行きなさい!」「毎回先生にいったかどうか確認するからね!」といったところで根本的な解決にはなりません。

 

子供が塾に行かないのは何らかの理由・原因があるはずです。

 

その内容によって、対策も変わってきますので、頭ごなし押さえつけないで理由をよく聞きましょう。

 

ただし、塾をサボったことについてはきっちりとしかるべきだと思います。

 

しかるべき点は、

 

・嘘をついたこと

 

だと思います。嘘は何も解決しない、逃げることだということは理解しておいてほしいと思っています。

 

塾をサボる原因

 

中学生が塾をサボる原因は大体以下の通りです。

 

塾が面白くない

 

この塾が面白くない、という理由もいくつかの原因に分かれます。

 

塾の学習内容についていけない

塾に行っても学習のスピードが速すぎたりすると、ついていくのがしんどくなります。

 

集団の進学塾によくあるケースです。一度休むと、なおさら遅れを取り戻すことが難しくなります。

 

また、内気な子は分からない内容があっても、集団塾ではなかなか質問できない、ということもあります。

 

このような場合の対策は、「塾を変える」という方法です。

 

やる気はあるのに、塾について行けなくて自信を無くしているのであれば、個別指導の塾に変わることをお勧めします。

 

その理由は、個別指導塾は、生徒の学力や進み具合に合わせて授業を行ってくれるからです。

 

個別指導塾はマンツーマンかた3人くらいまでを一人の講師が見てくれますので、質問もし易いです。

 

塾の内容が退屈

 

上のケースとは真逆の理由です。

 

塾に行っても授業の内容が退屈(理解できている)という事です。わかっていることを、わざわざ塾に行ってまで勉強するきになれない、と思うのです。

 

この場合は、「塾のレベルと合っていない」といえますので、より上のレベルの塾に通うべきです。

 

もしくは、学校の定期テストでも400点以上取れているのであれば、家庭学習でも十分でしょう。あえて塾に通わせる必要はありません。

 

単純に勉強が嫌い

 

これば一番難しい理由ですね。

 

なぜ勉強する必要があるのか、という根本的な理由付けが必要でとなります。

 

我々親でさえ、その明確な理由は完全には把握できていません。

 

どうすれば勉強が好きになるか、は人によっても違いますから。