塾のかけもちってどうななの?効果はあるの?【中学生塾代.net】

複数の塾を掛け持ちしたら成績は上がるのか?

付箋とノートとペン

 

塾に通わせてみたけれど、思ったように成績が上がらない!

 

そんな悩みを抱える親御さんは少なくありません。実際に我が家もそうでした。

 

塾を変えてみるか

 

他の塾とかけもちするか

 

そんな思いもよぎった事がありました。

 

でもまた塾代がかさむし、効果はでるのだろうか。

 

だれもが考えることですよね。

 

今回は「中学生の塾のかけもちについて」メリット・デメリットについて考えてみました。※公立中学生の場合

 

まずは塾を掛け持ちする理由を明確に

 

「今通っている塾で成績が上がらないので、他の塾もかけもりしてみる」という漠然とした理由だけで、複数の塾に行くことはお勧めできません。

 

大切なのは、なぜ今の塾では成績が上がらないのか、ということです。

 

子供本人に全くやるきがないのであれば、他の塾をかけもちしても成績は上がりません。

 

また、今の塾が「合わない」のであれば、複数の塾に通う前に他の塾に変わることを考えるべきです。

 

その場合も、「何が合わないのか」を把握する必要があります。

 

・授業の進め方

 

・宿題の多さ

 

・先生との相性

 

・クラスのレベルや雰囲気

 

など、合わないと思う理由は様々です。

 

塾を掛け持ちするメリット

 

塾をかけもちするケースの多くは、「集団塾」と「個別指導の塾」になると思います。同じ形式の塾を掛け持ちしても、あまり意味がありませんから。

 

この場合のメリットは、集団塾で習った学習内容の中で、わからなかった点や理解の浅い事柄を、個別指導塾でカバーすることによって、理解度を深めることができます。

 

集団塾では比較的授業の進度も早いので、理解に時間がかかったりする場合もあります。授業中では消化できないこともあるのです。

 

授業が終わった後でも、質問に答えてくれる先生もいますが、毎回毎回というわけにはゆきません。

 

また、休んでしまっても授業は次に進んでいきます。

 

そういった時にも個別指導塾で理解不足や受けれなかった授業の内容を補強できます。

 

 

また、集団塾で得意科目の受験対策を進めていき、個別指導塾で苦手科目の対策を行う、ということも可能です。

 

集団塾は特に中学3年生になると高校受験対策に力を入れます。テスト形式の授業も多き取り入れますので、受験対策には効果的です。

 

ですが苦手教科の底上げには、マンツーマン指導の個別指導塾の方が効果があります。

 

 

塾を掛け持ちするデメリット

 

何といっても塾代が倍近くになる、ということです。複数の塾に通うのですから、当然ですよね。

 

お金に余裕があれば問題ありませんが、なかなかそうもゆかないですよね。

 

また、塾に通う「時間」の問題もあります。

 

近所であればいいですが、電車で片道1時間とかになってくると、複数の塾に通うだけでも結構な時間になってしまいます。

 

その時間を勉強やリフレッシュに充てたほうが効果的かもしれません。

 

通信教育を組み合わせるというう方法もある

 

今は昔と違って「塾に通う」だけが学校外の勉強方法ではありません。

 

自宅に居ながら勉強できるので、通う時間も節約できます。部活で忙しい子供にとっては、有り難いことです。

 

5教科すべて受講しても月額980円というものもあります。そのうえ、中学全学年の授業も受けれます。

 

 

これで学校の授業の予習や復習をして、わからない点があれば個別塾で理解を深める、という使い方も効果があります。

 

我が家は次男が高校に入ってから高校版に加入しましたが、高校2年生まではこれだけで十分だ、といっていました。

 

さすがに3年生になってからは塾と掛け持ちしていましたが。