通信制高校という選択肢について考えてみた

通信制高校という選択肢について考えてみた

通信制高校

 

「中学校を卒業すれば全日制の高校に進学する」という考えが、まだまだ一般的にあります。

 

でも、家庭の事情や不登校などの理由で、全日制の高校への進学が難しい場合は、違う選択肢もあるのです。

 

今回は、その中でも「通信制高校」についてお伝えしてゆきます。

 

 

通信制高校とは

 

現在の日本の高校教育課程は

・全日制高校
・定時制高校
・通信制高校

の3つの形態があります。いずれも卒業することによって「高校卒業」という資格が修得できます。

 

通信制高校の特徴は、毎日登校する必要がなく、時間の制約もない、ということです。

 

そのため、「働きながら」「スポーツをメインにして」「不登校なので自宅で学習したい」など、色々な方が学べるシステムとなっています。

 

学習の方法は、

レポート(添削指導)
  ↓
スクーリング(面接授業)
  ↓
テストによる単位取得

という流れです。「学年」という概念はなく、必要単位を取得すれば卒業する「単位制」です。

 

通信制高校の卒業に必要とされるのは74単位です。3年以上は必須の期間ですが、その中で自分のペースに合わせて単位を取得し、卒業することができます。

 

レポートの頻度やスクーリングの回数は、学校によって異なってきます。毎週登校が必要な学校もあれば、年数回の学校もあります。

 

 

通信制高校の学費(授業料)っていくら?

 

通信制高校の授業料は、全日制高校や定時制高校と異なり、「単位」ごとの授業料が必要です。

 

卒業するには最低74単位を修得しなければなりません。

 

通信制高校にも「公立」と「私立」があります。

 

授業料に関してはやはり、公立のほうが安く、1単位は1000円以下の設定が大半です。

 

一方、私立の場合はは。1単位1万円前後となっています。

 

 

「公立」と「私立」の違いは?

 

通信制高校は、場所や時間の管理が少ないことから。「自己責任」である部分が大きくなります。

 

公立はその傾向が顕著となっていて、やはり「中学校卒業程度の学力がある」という前提で進められます。

 

また、公立では登校日は少ないものの、決められた登校日に出席しないと単位がもらえない、とい学校がほとんどです。

 

一方、私立では「中学から不登校だった」「学校の授業についていけなかった」など、学習のレベルのも柔軟に対応してくれるところもあります。

 

また、私立では過去に不登校やいじめを経験した生徒も少なくないので、カウンセラーを設置して精神的なサポートを行っている学校も多くあります。

 

どのような理由で通信制高校に通うのか?によって公立か私立かを選ぶ必要があります。

 

 

通信制高校ってどこにあるの?

 

公立の通信制高校の数は、まだまだ多くはありません。大阪府でも1校、東京都でも3校ほどです。

 

私立に関しては、かなりの数の高校があります。学費や内容もそれぞれの学校によって大きく異なります。

 

それぞれの詳しいパンフレットで比較してみることをお勧めします。

 

こちらのサイトを使えば、複数の通信制高校の資料を、一括で取り寄せることができます。

 

ズバット通信制高校比較

 

通信制高校とは?どんな特徴があるのか?気になる学費は?などそれぞれの学校の特徴がわかります。

 

もちろん無料ですので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

アフィリエイター収益最大化!最新SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」