近所の個人塾は教え方もユニーク|中学生の塾 体験談

私の息子は、中学1年生ですが、学力不安で数学が苦手なので、この秋から、個人宅で実施されている主婦の女性の方が担任である学習塾に通わせております。

 

習わせている教科は、数学と英語を学ばせております。

 

どちらも個人学習塾ですので一体一でマンツーマンでレクチャーしてくれますのでとても信頼して通わせております。

 

やはり、知っている方の家ですと息子も安心しますし、母親の私も安心できます。

 

安心して通わせれることができる点について、知り合いが営む学習塾については、定評があるんだと思います。

 

数学については、少し変わっており、小学生でよくやるような100マス計算を家庭の課題でも塾でも抜き打ちでさせられます。

 

100マス計算のメリットは計算の処理能力を飛躍的に向上させる力がありますので、私も触発されてまれにすることがあるのですが、満点を取るとなると凄く難しいのですが、その個人学習塾では100マス計算にこだわっており、満点を取るまで永遠とさせ続けると言うものでした。

 

また慣れてきたらタイムトライアルも実施する程で、やはり100マス計算は、数学の基本であるのだなと思いました。

 

高校、大学と受験する上で重要になってくるのは、計算のミスがどれだけ少ないかと言う数的な処理能力も求められますので、このやり方には納得しました。

 

数学で二時間、英語で二時間あり、毎日交互で実施されると言う形になります。

 

最後の金曜日だけは、進捗度が思わしくない、どちらかの教科について学習する日になります。

 

英語については、最初は驚いたのですが、洋楽を聞いて楽しく歌うことから始まったのです。

 

洋楽を好きになることでその歌詞を紐解いてみたいと言う気持ちが芽生え、英語に対して苦手意識をなくそうと言うものでしたので凄く画期的で良い勉強方法であるなと私自身も思いました。

 

また他には、四コマ漫画でその会話の中にどのような英語が入るのかと言うことも遊びとして授業に取り入れられたりするので、典型的なリスニングや、筆記にこだわらずに楽しみながら英語を学ぶと言うスタンスにはいり方としては非常に良いと思いました。

 

また、月謝としましては、凄くリーズナブルで両方の教科合わせて月15000円です。

 

特定の地域密着型と言うこともあり、限定された地域で、その町内の更に限られた区域であるが故であると思います。

 

塾に通い出して数学の計算力は上がりました。単純な計算問題であれば間違えをしなくなり、平均でプラス10点の効果はあったと思います。
英語も単語等をよく覚えれるようになりましたので効果が確実に合ったと思います。

 

40代 女性