高校進学を見据えて利用し始めた通信教育「スマイルゼミ」

高校進学を見据えて利用し始めた通信教育「スマイルゼミ」

タブレット

 

中学生になりスポーツ部に入っている中1の娘は、朝練もあるせいで毎日の日課だった朝の勉強タイムをなかなか作れなくなってしまいました。

 

小学生のうちはそれなりに時間があったため、自宅学習もちゃんとできていました。

 

周囲の人も勉強ができていた子が中学生になってつまづくというのはよく聞いていたので、本人に塾に通うのはどうかということを話ししてみました。

 

すると、本人は学習塾に通うのは嫌だということです。塾だと往復の時間がもったいないし、遅くまで塾に行くことで生活リズムが崩れるのも嫌なのです。

 

確かに学習塾に行く子の話しを聞いてみるとだいたい夜の7時から9時まで塾に行っています。娘は早寝早起きは得意なのですが、夜遅くまで塾に通う自信がないみたいでした。

 

そこで通信教育をしてみてはどうかなと考えました。

 

通信教育なら家庭で使えますし、娘自体は勉強のやる気はそれなりにあるので十分に使えます。

 

それまでは色んなワークやテキストを購入していましたが、あまり良いものを見つけることができず、私自身もパートで働いているため丸付けをしなくてはいけないのがプレッシャーでした。

 

その手間を省いてくれるのがタブレット学習です。

 

タブレットなら自動で丸付けしてくれるし、ワークのように一度解くだけではなく反復学習もできます。

 

こんないいものはないなと3社の資料を取り寄せて決めたのが、スマイルゼミです。スマイルゼミの良い点は、中学校の中間、期末試験対策もできて全教科をカバーできる点です。

 

レベルは標準コースと発展コースとありますので、我が家は高校進学を見据えて発展コース、英語も英検対策できるコースに加入しているので毎月1万6千円ほどの月謝を支払っています。

 

この金額を支払うなら学習塾にも通えますが、近くの相場だとこの金額なら2,3教科しか習うことはできません。コスパが良いのもお気に入りな点です。

 

毎朝学校に行く前と、帰宅して夕食後にスマイルゼミを立ち上げて学習しています。

 

1日の学習自体は30分程度ですが、予習復習がこれだけでカバーできるので勉強時間の割りには成果が出ているように感じます。

 

暇な時にもスマイルゼミに向かって計算問題を解いたりしているので、遊びの延長上で楽しめるのもメリットだなと感じました。

 

私自身、勉強しているのかどうか?とイライラも減りましたし、娘も色んなワークをやらなきゃではなく1つだけを勉強しておけばオッケーというのが楽なようです。
我が家ではリビングで使うというルールがあるので、タブレットを持っていても余計なことに使って危険ということはありません。

 

視力が低下するかもというのはちょっと不安ですが、長時間だらだらとタブレット学習をしないルールなどを決めて使わせています。

 

成績も安定しているので、このまま続けて希望の高校に進学してくれることを願っています。

 

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

 

40代 女性